トナのブログ

VR, VRChat, Oculus Quest関連の情報を紹介します。質問はTwitterのDMからどうぞ。@tonavrc

Oculus QuestでSteamVRをプレイする - Virtual Desktop基本設定

f:id:tonact:20191211204411p:plain

(2019/12/13追記) サイドロードの手順を加筆修正。

(2020/09/10追記)最新の内容に加筆修正。

(2020/09/23追記)公式サイトの翻訳を追加。

(2020/10/14追記)Quest2対応の確認とVirutal Desktop最新バージョンの画像に変更。

(2020/10/17追記)問題が発生した場合の対処法を追加。

(2021/02/26更新)ワイヤレスPCVR機能が公式ストア版に含まれるようになったアップデートに対応。サイドロードは不要になりました。

(2021/03/01追記)公式でアナウンスされてるトラブルシューティングを追加。

(2021/03/24追記)作者による推奨ルーターを追加。

 

Oculus Quest / Quest 2でPCVRをワイヤレスでプレイできるVirtual Desktopの特徴と導入方法についてご紹介します。

続きを読む

VRSSをVRChatで有効化する方法 - 画質・FPS向上、注意点あり

f:id:tonact:20200108213058j:plain

(注意)NVIDIAがVRSSをサポートするタイトルにVRChatが追加されたため公式の手順となりました。ただしごく少数のワールド入場時にVRChatがクラッシュする問題があります。この問題はCannyに投稿済みなので改善を希望される方は投票をお願いします。

https://feedback.vrchat.com/bug-reports/p/suddden-game-crash-on-entering-certain-worlds-with-vrss-enabled

  (1/8 22:30) ドライバインストールの手順を追記しました。

 (1/16 17:40)NVIDIAコントロールパネルに追加する方法に変更しました。

 (1/17 19:35)SteamVRスーパーサンプリングの調整の説明を追加しました。

 (1/17 23:00)SteamVRスーパーサンプリングの調整の説明を修正しました。

 (1/21 17:10)VRChatに適用する場合の注意について追記しました。

 (7/5 20:40)VRChat向けに全面的に改訂しました。

 (7/17 20:15)VRChat MSAA設定とSteamVRスーパーサンプリングの項を修正しました。

(2021/04/13)VRSSの性質に合わせてSteamVRスーパーサンプリングの項を修正しました。

概要

NVIDIAは2020年1月、新たなVR負荷低減機能として、中心領域のみに最大8倍のスーパーサンプリングを適用する、可変レートスーパーサンプリング(VRSS)をTuring世代のグラフィックボード向けにリリースしました。適用領域のサイズは負荷に応じて変化します。

 

NVIDIAのテストによるとBoneworksにおいて同一画質でfpsが約50増加したとのこと。

f:id:tonact:20200108212954p:plain

 

また実際にこの方法でVRChatでVRSSを有効化させたところ、画質向上や同じ画質でのfps改善が確認できました。

 

 

対象となるTuring世代のGeForceグラフィックボードは次の通りです。

GeForce GTX 1650/1650 Super
GeForce GTX 1660/1660 Super/1660 Ti
GeForce RTX 2060/2060 Super
GeForce RTX 2070/2070 Super
GeForce RTX 2080/2080 Super
GeForce RTX 2080Ti

またAmpere世代はRTX3090のVRSS動作を筆者が確認済みです。

注意点として、特定ワールド入場時にVRChatがクラッシュするケースが少数ありますので、遭遇した際はNVIDIAコントロールパネルより一時無効化するとよいでしょう。

これまでクラッシュを確認したワールド(随時追記します):

-「Shader Fes 2019」

-「空の彼方」

-「Jevenue LIVE」

 

また、Oculus QuestへのVRストリーミング(Oculus Link/Virtual Desktop/ALVR)では動作が確認できませんでした。

 

効果

 以下の動画のようにチラツキが大幅に緩和されます。パフォーマンス検証は今後改めて行います。

 https://twitter.com/tonavrc/status/1284159531346362370?s=2https://twitter.com/tonavrc/status/1284159531346362370?s=20

導入手順

1. NVIDIAコントロールパネルのプログラム設定からVRChatのVRSSを有効にする

NVIDIAコントロールパネル>3D設定の管理>プログラム設定>VRChat>「バーチャルリアリティ - 可変レートスーパーサンプリング」を「適応」にして、画面右下の適用を押します。

f:id:tonact:20200705204523p:plain

2. VRChatのMSAAを有効にする

起動時にシフト長押しで起動オプションを表示させ、Graphics qualityをVRHigh(8x MSAA)あるいはVRLow(4x MSAA)に設定します。GPUのヘッドルームと連動するVRSS適用範囲の大きさの関係上、VRLowの方がVRSSの発動機会は増え、安定して高画質化できます。

指定後Play!を押すと適用できます。

f:id:tonact:20200116181925p:plain

 

3. SteamVR スーパーサンプリングを調整する

8x MSAAだと8x VRSS(SteamVR SS 282%相当)

4x MSAAだと4x VRSS(SteamVR SS 200%相当)となります。

画質向上目的の場合もFPS向上目的の場合も、SteamVRスーパーサンプリングを元の5割~7割程度まで下げるとよいでしょう。これはVRSS発動のためにGPUのヘッドルームを確保するために必要です(GPUヘッドルームが不十分だとVRSSを設定する意味がない)。GPUヘッドルームを確認する方法としては、「SteamVR設定>パフォーマンスグラフを表示」が最もお手軽です。

f:id:tonact:20210413084439p:plain

f:id:tonact:20200117192227p:plain
f:id:tonact:20200117192243p:plain

  

SteamVR スーパーサンプリングは設定>動画>アプリケーションごとの動画設定 から設定可能です。

f:id:tonact:20200117193140p:plain
f:id:tonact:20200117193148p:plain

 

参考

 

www.nvidia.com

www.reddit.com

 

Oculus Questで無線フルトラをする - 簡易設定編

f:id:tonact:20191211230910p:plain

 

(2019/12/15追記)誤植を訂正。

(2020/01/15追記)必要なものを修正。

(2020/11/06改訂)最新の内容に全面的に改訂しました。

(2021/04/02追記)トラッカーがズレないための注意事項を追加。



Oculus Quest, Oculus Quest 2とVirtual Desktopを利用して無線フルトラを実現します。

事前にこの記事を参考にVirtual Desktopの基本設定をしてください。

tona.hatenablog.jp

続きを読む

Oculus QuestでSteamVRをプレイする - Virtual Desktop基本設定

f:id:tonact:20191211204411p:plain

(2019/12/13追記) サイドロードの手順を加筆修正。

(2020/09/10追記)最新の内容に加筆修正。

(2020/09/23追記)公式サイトの翻訳を追加。

(2020/10/14追記)Quest2対応の確認とVirutal Desktop最新バージョンの画像に変更。

(2020/10/17追記)問題が発生した場合の対処法を追加。

(2021/02/26更新)ワイヤレスPCVR機能が公式ストア版に含まれるようになったアップデートに対応。サイドロードは不要になりました。

(2021/03/01追記)公式でアナウンスされてるトラブルシューティングを追加。

(2021/03/24追記)作者による推奨ルーターを追加。

 

Oculus Quest / Quest 2でPCVRをワイヤレスでプレイできるVirtual Desktopの特徴と導入方法についてご紹介します。

続きを読む

Oculus QuestでIndexコントローラーを使う - Virtual Desktop応用編

 

f:id:tonact:20191224210850p:plain

(2020/11/06改訂 最新の内容に更新しました)

(2021/03/13追記 コントローラー無効化の手順を修正)


Virtual Desktopの設定を変更することによりQuestコントローラーを無効にした上でIndexコントローラーを利用することが可能です。必要なものと手順をご紹介します。

Virtual Desktopを初めて利用される方はVirtual Desktop基本設定編と無線フルトラ簡易設定編を両方実行してください。フルトラを使用しない場合も、全く同様の手順でIndexコントローラーの位置合わせが可能です(VDのステージトラッキング機能により毎回の位置合わせは不要です)。

 

続きを読む

Oculus QuestでSteamVRをプレイする - ALVR基本設定編(マイク設定あり)

f:id:tonact:20191211204411p:plain

(2020/10/14更新 新バージョン、Quest 2対応のため内容を刷新)

  (2021/02/19更新 v14.1.1に対応)

 

ALVRはOculus Questで無線でSteamVRをプレイ可能にする無料ツールです。作者による開発は中断中ですが、有志がアップデートを続けています。

ALVRの特徴は次の通りです。

続きを読む

HP Reverb G2でIndexコントローラーを使う - OpenVR-SpaceCalibrator初期設定

f:id:tonact:20201125110733p:plain

必要なもの・注意点を必ずご確認ください。

HP Reverb G1/G2でIndexコントローラーを使うための初期設定をご紹介します。初期設定が一度済めば、次回以降は手順10~11のみで使用可能になります。

この設定はVIVEトラッカーや他のヘッドマウントディスプレイ(Windows MR、Oculus Rift S、Oculus Link)でも大部分が共通です。

続きを読む

Oculus Linkを導入する - 特徴、導入方法、トラブル対処、画質調整

f:id:tonact:20201016224925j:plain

Oculus Quest/Quest 2でPCVRをプレイできる公式機能、Oculus Linkの特徴、導入方法、トラブルシューティング、画質調整についてご紹介します。

 

続きを読む